スポンサードリンク

ワザップで情報収集ってか


ゲームには、ルールがありますな。

入門者は、そのルールを理解できた人
初級者は、そのルールをマスターした人
中級者は、そのルールを自分のものにした人
上級者は、そのルールを自分でアレンジできる人

なんて、勝手な定義のもと。
ゲームやるのに、裏ワザ仕入れて、
そのワザがルールとどう関係しとるかで、
ワザじたいにランキングをつけとります。

これって、かってな自分の趣味の世界でして、
初級レベルのルールマスターなのに上級レベルの効果がでる裏ワザなんてみつけると、ちょっとうれしかったりなんかするんですな。

きっと、これ読んでる人は、???の嵐が頭の中を駆け巡っていることかと思いますが…

まあ、とりあえず、ゲームワザをしいれるなら、Wazap!(ワザップ!)ですよってことをいいたくて、これ書いとります。

過去に発売されたゲームの「裏技」や「攻略」などを紹介するゲームサイトですな。

過去に発売されたほとんどのテレビゲーム・携帯型ゲームの裏技・攻略などがワザップのユーザーによって投稿されているという驚きのサイトです。。

ワザップは全て無料ですが、閲覧だけならそのまま見ればいいし、
投稿などするなら会員登録をして楽しめばいいでしょうな。

(閲覧のみなら不要)となる。パソコンからのアクセスだけでなく、iモードなどの携帯端末からのアクセスにも対応している。

時をかける少女


【時をかける少女 映画紹介】

高校2年生の紺野真琴は、
踏切事故をきっかけに、
時間を跳躍する能力を得てしまう。

叔母の芳山和子に相談すると、
それは「タイムリープ」といい、
年頃の女の子にはよくあることだといわれる。

ん?

んんん?

年頃の女の子にはよくあること?

はぁ!?(マイク片手に、まちゃまちゃ風)

ふざけんなよ!
どこの世界に年頃になった女の子に…


(ー_ー)!!


1分経過


<(`^´)>


2分経過


(-_-)


3分経過


( ^^) _U~~


ちょっと冷静になったところで、紹介の続きいきます。

監督は2005年春の劇場版『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』を手がけた気鋭の監督、細田守です。

主人公、紺野真琴の爽快な青春映画です。

終わり

アジアカップ、頑張れNIPPON


高さに圧倒されちゃう日本ですが、
中澤、阿部がよく頑張ってま!

ボールまわしもいい感じって思ったら、ちょっとミスった。
なんてのが目について…

でも、終盤は日本のペースだすな。

前半戦0−0

【アジアカップ豆知識】

今回から、アジアカップの本大会をワールドカップの翌年にするそうですな。

今までの4年周期だとオリンピックとかさなっちゃうからみたいです。

ということで、次回開催は4年後の2011年です。

【豆知識終わり】

さて、いよいよ後半戦です。

後半は、オーストラリアのカウンターをおさえゴールといきたいところですな。

ちょっとてこずりましたが、後半ゴール決めちゃいましたって感じにしておくれ〜(祈)

無料ゲームで暇つぶし


無料ゲームでも、けっこう楽しめるんですな。

なかには、暇つぶしのためのゲームということで、とにかく時間がかかるゲームを探しているって人もいるんですな。

これって時間がかかるよっていうのをいくつか。

「部屋脱出ゲーム」
「マイダイアモンドベイビー」
「フリフ」
「レッドストーン」
「すいかが食べたい」
などなど

ってことで、ここでちょっとした疑問。

どうして、無料ゲームがあるの?

まあ一口でいって、無料で遊べるゲームをつくったから遊んでみてって感じでしょうか。

ゲームつくって、自分のプログラム能力を高めたい人。
この人は、ゲームがつくれればいいので、
無料で公開して遊んだ人に感想を聞いて、
さらに、いいゲームをつくれるようにスキルを磨くってことでんな。

あと、ゲームをやってみてよかったらお金ちょうだいねってものもありますな。

これは、デパートの試食と同じ。
体験版ってやつですね。

ニコニコ動画ってなに?


博士、ニコニコ動画ってなんでしょうか?

オッホン、お答えしよう。

ニコニコ動画とは、ニワンゴが提供している動画配信関連サービスのことであ〜る。
愛称として、「ニコ動」とか「ニコニコ」などがあ〜る。

動画配信サイトで配信されている動画の上にコメントを投稿し、その投稿を表示できるようになっているのであ〜る。

さらに、「ニコニコ動画(RC)モバイル」として、
携帯電話向けのサービスも提供しているのであ〜る。

ということで、今回は勝手に博士口調で説明をしてみたのですが、
ワシには、よくわからんのです。

知りあいから、「ニコ動」も知らんのかいオッサン!
といわれたことを思い出し、たったいま調べたものでした。

どうも、ビジネスモデルとしては、
パッとしないらしく、赤字続きらしいとか。

カテゴリタグを指定ない動画は、トップページに上がれないなんていう、とっても大事な仕様変更をユーザー抜きで勝手に決めて、反感を買ってしまっただとか。

とりあえず、そんなもんかと
よくわかりもせずに、
ひとり納得している自分だったのであ〜る。
タグ:動画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。