スポンサードリンク

世のちり洗う四万温泉


四万温泉(しまおんせん)は、群馬県吾妻郡中之条町にある温泉でんな。

四万温泉の発祥の地である日向見地区の名前で、
特に日向見温泉(ひなたみおんせん)と呼ぶこともあるそうです。

だいたい、有名な温泉には、ちょっとした開湯伝説があるもんですが、四万温泉では2つの説があります。

ひとつが、源頼光の家臣である碓井貞光によって発見されたっていう説、もうひとつが、あの坂上田村麻呂が発見したっていう説です。

泉質は、硫酸塩泉ですが、魅力は、なんといってもその素朴さでしょうな。

大きな温泉街だとふつう、おみやげ屋なんかが充実していて、
ちょっとした遊技場が人の溜まり場なんていうのが当たりまえにもなっておりますね。

でも、この四万温泉は、とにかく温泉そのものを楽しめるっていう感じです。

温泉の名物として、温泉街の電器屋で作られる温泉納豆があるんですが、

電器屋でなんで温泉納豆つくっとるの?
なんて、突っ込みはやめて、

電器屋でも温泉を大切にしているっていう
心を楽しんでもらいたいですな。
タグ:温泉

今年も、熱い熱い高校野球

どうして、高校野球ってのは、こうも熱くなっちゃうのか。
そこには、やっぱり、青春があるから。

自分がオジサンになってから、
ふと気がつくことがあるんですな。

熱いのは、青春だけではないってこと。

もしかして、年とってからのほうが青春してるんじゃねーのか?
なんて、思っちゃう「ちょい熱オヤジ」が身の回りにいたりなんかすると、負けられんって気合が入ることも多々あるんですが。

でも、ちょっとオジサンだからくたびれる。
そんなとき、これです。

高校野球!

おおっ、やっぱこれだ!
なんて、エネルギー充電、パワー全開!
熱い男の高校野球!

勝っても、負けても、そこにドラマがあるってのがイイ!

ということで、発作的に書いてしまったのは、
やっぱ熱く燃えているからだな。

うんうん。
(妙に納得)
タグ:高校野球

栗山千明ってどんなコ?

2003年の映画、『キル・ビル Vol.1』に出演してましたな。
妙に、『怖い』イメージがある子です。

前髪をたらして、冷めた目つき!!
目から血を流しながら倒れるシーンは、印象に残っています。
(キル・ビルにそんなシーンあったよな?)

デビュー当時は、ホラー映画ばかりだったというのもうなづけちゃったりもするかな…

怖いイメージがでてしまったのには、
千明くんじしん、けっこう悩んだみたいでんな。

そりゃ、そうだ。
だって、女の子だもん。

あと、新世紀エヴァンゲリオンの大大大ファンだそうで、
綾波レイが目標、渚カヲルが理想の男性だそうです。

特技はクラシックバレエ・新体操。
趣味は長風呂。

もともとは、ファッションモデルだったそうで、5歳からモデルしてたんですな。

もうちょっと、背が伸びたら、女優ではなくモデルで頑張っていたかもしれません。
タグ:栗山千明

叶美香ってどんなコ?

着てる服、ほとんどが姉の恭子のお下がり?
姉の恭子の世話に追われて彼氏ができない?

それでも、せっかくできた彼氏を恭子に奪われる?
奪われ続けて、50人?

なぞに包まれた叶姉妹。
叶姉妹を語らずして、叶美香を理解することは不可能。

とうことで、簡単に紹介します。

実は、叶姉妹(かのうしまい)という芸能ユニットですな。
デビュー当時の設定は、3人姉妹。

長女が叶恭子(本名、小山恭子)
次女が叶晴栄(本名、小山晴栄)
三女が叶美香(本名、玉井美香)

長女と次女は、実の姉妹だったんですが、
結婚を機に、叶晴栄が脱退して2人で活動してきたんですな。

親が、「どえらいお金持ち」って設定

その設定をうっかり信じた人が、
親のところに寄付をもらいにいってとんだ騒ぎ。

親は、普通の生活してまんがな…

それでもめげず、「強烈なゴージャス」をウリに、
石油王がパトロンだとか、高級娼婦だとか…

どんな格好をしても、動かない胸(?)同様、
不思議な設定を貫きとおしています。

設定上では、姉の世話をさせられている美香くんですが、
実は、ギャラは恭子より上でんな。

叶姉妹のユニットを組むまえから、
美香のほうが売れていたから当然でんな。

ゴルフが得意だそうです。
タグ:叶美香

壱岐市って、どこだか知っとるかい?

壱岐市というのは、島ですな。



福岡県と対馬の中間地点にある、けっこう大きな島です。

玄海灘に面しとりまして、
当然、歩いてはたどり着けません。

船ですな。

福岡県博多港から郷ノ浦港まで西北76km
佐賀県唐津東港から印通寺港まで北42km

総面積は138.5km2で、
島としては全国で20番目に大きい島だそうです。

気候的には、対馬と同じように対馬海流の影響を受けて、
わりと温暖な気候です。

季節を問わず比較的湿度が高いです。

夏場は、イカ漁が盛んだそうで、
壱岐剣という剣先イカの中でも特に大きいものをブランドにしていますな。

また冬場は、ブリやマグロ漁が盛んで、
特にマグロは大間と並ぶ産地として知られているというところです。

春先に吹く南寄りの強風、
春一番って言葉がありますな。

実は、壱岐市の漁師達がもともと使っていた言葉が大本だとか。

壱岐市だけに、イキっでっしゃろ。
タグ:壱岐
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。