スポンサードリンク

ワイも、ギアスがほしい?


コードギアス 反逆のルルーシュ
ご存知ですかな?

ご存知でしょうな!

なに?ご存じない!
ならば、お教えしよう!

ということで、偉そうに教えるフリをしておいて、
ちょこっとだけ紹介しておきますな。

現実とは違った歴史をたどった世界で、
超大国「神聖ブリタニア帝国」に抵抗する2人の少年が主人公です。

日本の呼び名が「エリア11」で、そこに住む人を「イレヴン」というのですな。

まあ、いいかたはどうでもいいんですが、
この「エリア11」っていうのは、
日本に侵略された台湾や朝鮮がモデルであるようですな。

ってことは、悪い奴らってのは我々日本人ってことですな。

ちょうど、映画「猿の惑星」が、
戦時中の日本人がモデルになったように、
けっこうなことを戦時中に日本人はやってきたんですな。

両面からみると、けっこう深い!

皇帝を元首とした絶対君主制国家「神聖ブリタニア帝国」
巨大な軍事力を背景に世界の3分の1を支配する超大国

ブリタニアの植民地「エリア11 」
日本が植民地として支配された名前

他にも、「エリア10」「エリア18」などがある

ブリタニアと対立する中華連邦
エリア11内の反ブリタニア支援も行っている

ギアス(絶対遵守の力)
人を強制的に従わせる力だが、命令は1度だけしかできない

 

あいのり 恋のサバイバル


あいのりって、恋愛を観察するバラエティーですな。

見てると、自分が恋愛のサバイバルをしているような錯覚になってしまう番組です。

まあ、その錯覚が人気の秘密でしょうな。

ラブワゴンと呼ばれるワゴン車に乗って、
世界中を旅するんです。

その旅のなかで、好きになった異性ができれば、
日本行きのチケットを渡しながら告白するんですな。

そこで、カップルが成立すれば2人で帰国しますが、
カップルが成立しなければ、1人さびしく帰国です。

そうやって、なんと37組のカップルが誕生したということで、
7組が結婚して、2組に子供が生まれたってことです。

すごいですな。

また、どんなことが起こってもおかしくないのが、
このサバイバル。

現地の音声スタッフに恋をして、
リタイアした女性ーが1人いましたな。

毎回見ているわけではないのですが、
ちょうどこのときは見てまして、
あの状況の複雑な心理模様ってのが、
グッとくる感じが印象に残っとります。

特殊な環境ですから、
スタッフも気をつけないといけませんな。

 

くら寿司って、いいみたい


くら寿司っていう回転寿司、知ってますか?

ファミレスの中にレーンがあるような雰囲気だそうで、
1度行ってみたいと思っているところです。

売りは、100円で二貫ってところみたいですな。

「100円で本物」

ってのがキャッチフレーズだそうで、
全皿100円で、無添加の寿司をだしているそうですな。

しかも、本物っていうところにポリシーがあるみたいで、
全ての皿にQRコードが貼られていて、
つくられてからある程度時間がすぎたものは
破棄しているみたいですな。

また、食べたあとの皿を自動でカウントするっていう工夫もされていて、おもしろそうですな。

なんだか、テーブルにポケットがついていて、
そこに入れると自動でカウントされるっていうことみたいです。

あと、タッチパネルで注文できるとか、
携帯で予約できるとか、
いろんな仕組みがあるそうです。

行った人の話を聞くと、
ルーレットであたりがでるとプレゼントがもらえる
ってことですが、回転寿司でそこまでしないといけないのかなって、
ちょっと考えてしまいます。

まあ、いまの時代、いろいろとやらないと受けないみたいですな。

とりあえず、けっこう人気があるみたいなので、
1度は行ってみようかと計画しているところですな。

 

AKB48って知ってるかい?


AKB48(エイ・ケイ・ビー フォーティエイト)というのは、
秋元康のプロデュースで誕生した女性アイドルグループだそうですな。

2005年にグループ結成です。

あの秋葉原に、なんと自分たち専用の劇場があり、
名前がAKB48劇場だというようですな。

しかも、この劇場で毎日というくらい公演を行っているとのこと。

グループ名は、48人のメンバーで秋葉原(あきはばら)で活動しているからだそうです。

秋葉…あきば…AKiBa…AKB
AKBの48人ってことですな。

しかし、48人手いうのは多すぎではないかと思うのですが、
これも新しい形を模索しているっていうことでしょうな。

1軍24人、2軍24人ってことで、
昇格したり降格したりってスタイルを予定していたそうですが、

チームA16人、チームk16人、チームB16人で
なかよく公演をしているんだそうで、
このカタチのほうがかえって個性をのばせるような気もしますな。

しかし、秋元康って男、
おニャン子クラブをつくったり、
東京パフォーマンスドールをつくったり、
このパターンが好きなようですな。

AKB48も、メジャーになるために頑張ってもらいたいですな。

 

ユーチューブの魅力


ユーチューブって、すごいですな。

どこがすごいかっていうと、
気持ちが感じられる
ってとこでしょうか。

ワイは、あのでたらめな素人踊りや
くだらないことに情熱を燃す姿に感動するんですな。

もちろん、一流のエンターテイメントをみるのも好きです。

でも、下手の横好きっていうのも
見てるとほほえましかったりするんですな。

なかには、このやろうって怒ってしまいたくなるようなものもありますが、それでも、徹夜して見てしまうこともあるんですな。

逆に、人間ってこんなことまでできるんかって
驚くようなこともありますな。

ルービックキューブを目隠しして完成させてしまうとか、
芸術的なペンまわしなんかも見ていて楽しいですな。

あと、ロボットダンスやブレークダンスなんかもいいし…

昨日は、ギターを弾いているのを見たんですが、
ただ、ただ、感動です。

わりと、音楽にはうといんですが、
感動ってこういうもんだなって、
いまさらながら感じたっていうかなんというか。

まあ、ユーチューブ最高なんていう気はありませんが、
いいもの選んで見てるとほんとに気持ちがほぐれるもんです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。