スポンサードリンク

ETCって、私だけ?

ETCっていえば、高速なんかで料金所を停止しないで通過できるシステムですな。

自慢ではないのですが、
ワイの車、ETCつけておりません。

あまり、広がらないだろうなんて考えていたのが間違い。
知人友人、みんな使っているんですな。

そうすると、どんなことがおこるかというと、
当然といえば当然なんですが、
たった1台だけ置いてきぼりになるケースがふえるわけです。

先日も、遠出したおりに置いてきぼりになりまして、
どうしたものか、
他のもんは、みんな知らん顔で行ってしまったのです。

まあその後、携帯で連絡してみんなを待たせといたわけですが、
ETCつけとらんだけで、人格疑われるとこまで話が発展しまして、

こうなったら、一生このままETCをつけんぞって決意をしたんですな。

多分、なにをバカなこといっとるんっていわれそうですが、
いまの気分としては、ETCって何様のつもりやって感じですかな。

ということで、話し違いますが、

あのETCってビーグル犬の顔に見えてしまうのは、
ワイだけでしょうか。

ETC

ETCのEが口のあたりで、
ETCのTが目で、
ETCのCが耳の感じでてませんか?

せっかくなので、ETCに吠えてもらいましょう。

ワン、ワン ETC

どうですか?
ビーグルに見えましたか?

えっ、見えない。
やっぱり (-_-;)

シャクヤク(芍薬)でしょ?

このボタン、綺麗だね。

シャクヤクだよ。

このボタンは、誰が植えたの?

それ、シャクヤクだよ。

ん?

だから、シャクヤクだよ。

ボタンでしょ?

どこから見ても、シャ・ク・ヤ・クでしょ!

そっ、そうだね。シャクヤクにそっくりだね。

だから、シャクヤクにそっくりじゃなくて、
シャクヤクなの!!

・・・ (-_-;)


ということで、

ボタンとシャクヤクって似てます。

でも、
ボタン(牡丹)は木、
シャクヤク(芍薬)は草なんですね。

シャクヤク(芍薬)は、漢方薬としてもちいられるボタン科の多年草だそうです。
初夏に、大形の紅色や白色などのボタンに似た花を開かせます。

アジア大陸北東部の原産。品種も多いとのことでした。

でたでた、探偵学園Q

探偵学園Qってマンガは、原作が天樹征丸、作画がさとうふみやですな。

2001年から2005年まで週刊少年マガジンで連載されていたものですが、今年7月に、連続ドラマになった勢いで、特別連載で復活しました。

以前、TBSでアニメ化もされてましたな。


キュウ…勉強はダメだが、推理力抜群
美南恵(メグ)…瞬間記憶能力の持ち主
天草流(リュウ)…アメリカの大学の入学資格を持つ「天才」
鳴沢数馬(カズマ)…天才ゲームプログラマー
遠山金太郎(キンタ)…遠山流隠密術を継承
団 守彦(だん もりひこ)…DDSの学園長
片桐紫乃(かたぎり しの)…団の秘書
真木慎太郎(まき しんたろう)…DDSの監察医
七海光太郎(ななみ こうたろう)…DDCの探偵
本郷 巽(ほんごう たつみ)…DDCの探偵
鬼首独郎(おにこうべ どくろう)…DDSの科学者
その他大勢


片っ端から、紹介しようとしましたが、やめました。
けっこう疲れた(-_-;)

ということで、
テレビのキャストでも、さらっと紹介しておきまっ。


【主要キャスト】

キュウ:神木隆之介  
美南恵(メグ):志田未来   
天草流(リュウ):山田涼介(ジャニーズJr.)
鳴沢数馬(カズマ):若葉克実
七海光太郎:山本太郎
ケルベロス:鈴木一真
ミス・ユリエ:奥貫薫
猫田刑事:星野源
植村はるか:秋田真琴(ミス立教)
諸星警部:斉木しげる
遠山金太郎(キンタ):要潤
団守彦:陣内孝則


 

銀魂って、半端じゃな〜い

銀魂(ぎんたま)は、空知英秋作のマンガですな。

初連載作品だそうです。

SF時代劇
プラス
人情コメディ
って感じのマンガです。

週刊少年ジャンプで2004年2号から連載を開始したとのことで、
単行本は2007年4月現在、17巻まで刊行されとります。

単行本売り上げは、
なんと、なんと、
現在1600万部を記録しているとな。

韓国では、一時「ブラボーサムライ」として出版されましたが、
これって違法ですな。

今は、正式に出版されたようで、
韓国でも、「銀魂」として人気だそうですな。

銀魂キャラの中で一番人気が
神楽みたいですな。

神楽

憎めない天然キャラクターですな。
神楽の超天然キャラには、だれも勝てないですな。

戸田恵梨香、告白しちゃった!

フジテレビ系ドラマ「牛に願いを」にでてる戸田恵梨香くん。
初主演映画「Presents〜うに煎餅〜」(石井貴英監督)のDVD発売記念イベントをしました。

そのイベントで、つい男性のタイプを告白してしまったとか…

ダメな男と完璧男なら、どっちを選ぶ?

ダメな彼を選びます。
ブキッチョなところがいい。
かわいいんですよ。
と、ニッコリ。

母性本能ってやつですな。

いいコです。

3月に公開された「Presents〜うに煎餅〜」では、
黄川田将也(27)が演じる“完璧男”にひかれながらも、
最後には平岡祐太(22)演じる“ダメ男”を選ぶOLを演じました。

撮影は、昨年の12月。

クリスマスイブも、
ひとりだと寂しいから仕事を選んでいたとかいないとか…

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。